株式会社ミーン・リバージョン

これまで、機関投資家や富裕層など、一部の投資家のための金融商品だったオルタナティブ投資。
ミーン・リバージョンは、伝統的な有価証券投資にとどまらず、不動産、資源、ヘッジファンド、事業投資等のオルタナティブ投資商品を、新時代の商品として投資家の皆様にご紹介しています。

オルタナティブ投資とは、「代替投資」とも呼ばれ、株式(上場銘柄)や債券などの伝統的な資産とは異なる資産への投資を指す。 その語源であるオルタナティブ(alternative)とは、「既存のものに代わる、慣習にとらわれない」といった意味であり、実際の運用にあたっては、様々な投資手法を用いたり、異なったリスクを持つ投資対象が組み込まれたりする投資方法である。 一般にオルタナティブ投資において、その投資対象は株式や債券などとの価格連動性が低いとされ、海外投資家の間では分散投資先として一つの選択肢となっている。
また最近では、国内投資家の間でも関心が高まっている投資方法の1つである。

事業内容

アメリカ合衆国・カナダ国内における
ランドバンキング事業投資

ランドバンキング事業

資源開発事業のアレンジメント

資源開発事業

医療コンサルティング及び診療報酬債権の証券化事業

医療コンサルティング

海外・国内不動産事業投資の
コンサルティング

不動産事業投資

ファイナンシャル・プラニング事業

ファイナンシャル・プランニング

資金調達コンサルティング

資金調達コンサルティング

ランドバンキングとは?

ランドバンキングとは開発許可の下りる前の土地を購入し、 事業者が開発の為のプラニング等を行い自治体、州政府に提案します。 プラニング等を受け開発許可が下りた後に土地を売却し利益を得るという手法で、主に北米で行われています。

かつて日本においても、高度成長期、人口も大きく伸びていた大都市圏で、 未開発の土地が、開発されて大きな利益が生まれました。これもランドバンキングです。

決して新しい投資ではなく、有望な土地への投資は、古くから行われており、 多くの成功物語を生み出し、富を創出してきました。

日本においては、森ビルや関東の東急グループ、関西の阪急グループなどがランドバンキングにより、 多大な富を創出してきました。北米では年金基金等の運用対象として注目されています。

ランドバンキングとは?

「カナダ」~投資すべき確固たる理由~

金融危機後、世界は、累積する財政赤字、金融システムの不安定、住宅市場の崩壊、通貨下落という問題にさらされています。こうした状況下、カナダは最も安定した投資先として注目されています。その理由をPDFにてまとめてありますので御覧ください。

※右画像をクリックするとPDFが開きます。

ダウンロードする際はマウスの右クリック→名前をつけてリンク先を保存を選択してください。

カナダ・投資すべき確固たる理由